ギリシャ語という説も

2011-07-05

セックスの語源をラテン語と日本語を紹介して、最後はギリシャ語です。ギリシャ語のセックスはラテン語のセックスの由来と通じる部分があります。
ギリシャの「饗宴」という物語の中には、男女はもともと胴体でくっついていてアンドロギュノスと呼ばれる2人で1人の存在でした。
しかし、神の怒りに触れ、2人は切り離されてしまいました。そのためセックスは切り離された男女が元に戻るためには必要であったということなのです。ですからこれを語源ンとしてリウということがいわれていますし、実際にそういわれれば納得をするということがあるのではないでしょうか。

細かく見れば違ってはいますがラテン度の語源とそれほど変わらないという音でこういった神話の世界を大切にしているような文化ではセックスというのはこう思われているのではないでしょうか。歯科相人間は元々一つであるということが、その考えの根底にはあり、またそして本来の阪神を探すということが、セックスや恋愛に結びついているということがあります。

しかしながらプラトンが有名でこれはプラトニックの語源にもなっていますが精神的なものを大切にするということで肉体的なセックスはないです。ですからプラトンを感がえっときにセックスが抜けてしまうということを考えると不思議な感じがします。しかし彼は少年が好きでさらに少年のカラダも好きなようでただの変態でした。やはり健全なセックスというのが一番良いのかもしれませんね。